orthodontics矯正歯科

国立駅エリアで虫歯やインプラント等の歯科治療なら、のうが歯科医院 国立

診療時間
  9:30~13:30 -
15:00~19:30 -

▲ 土曜 9:00〜13:00 / 14:00〜16:30

お気軽にお問い合わせください 042-505-7058

CAUSE 歯並びの悪さは、様々なトラブルを
引き起こす原因になります

矯正治療はお口元の見た目を整えるだけでなく、噛む・発音する等の口腔機能改善や、口内の清掃性を高めるためにも役立ちます。

例えば、歯並びが悪いと食べ物をきちんと噛めず、消化に時間が掛かって胃の負担に繋がります。また、歯と歯の重なり合う部分に歯ブラシの毛先やデンタルフロスが入らず、しっかりと歯を磨いても虫歯や歯周病を防げないケースも考えられます。

矯正治療で歯並びの悪さを解消できれば、治療によって歯をボロボロにさせないだけでなく、歯の寿命自体を延ばすことが可能です。将来へ向けてより多くの歯を残すためには不正咬合を放置せず、口腔環境を整えておくことをお勧め致します。

INTRODUCTION 矯正装置のご紹介

  1. O1
    床矯正

    一定期間ごとにネジを巻くことで顎の骨を広げ、永久歯が並ぶのに必要なスペースを確保する、取り外し式の装置です。顎の骨の成長が不十分なお子さまを対象としており、乳歯が永久歯に生え変わる混合歯列期に使用可能です。

    対象
    年齢
    痛みなし。6歳~12歳のお子様がメイン

    メリット

    • 取り外して歯が磨けるため、虫歯や歯周病になりにくい
    • 歯列弓を広げ、永久歯がきれいに並ぶスベースが作れる
    • 成人矯正が必要になった時、
      抜歯をせずに済む可能性が
      高まる
    • 顎だけでなく顔面の骨格も
      整えられる

    デメリット

    • お子様が既定の装着時間を
      守れないと、
      予定通りに
      治療が進まない
    • 一定期間ごとに
      ネジを回す必要があり、
      保護者の協力が必要不可欠
  2. 02
    筋機能装置(MFT)

    舌で前歯を押す癖や指しゃぶり等の悪習癖を放置すると、出っ歯や受け口などの不正咬合を引き起こします。筋機能療法では、舌やお口周りの筋肉の正しい動きを覚えて習慣化し、MFTと呼ばれるマウスピース型の装置で顎の位置を固定させて、歯並びが悪くなる原因を取り除きます。

    対象
    年齢
    全年齢

    メリット

    • お口周りの筋肉に働きかけることで、
      歯並びだけでなく
      機能の回復も可能
    • 口腔周囲筋に働きかけることで、
      お顔のバランスが整えられる

    デメリット

    • お子様が既定の装着時間を守れないと、
      予定通りに治療が進まない
    • 装置の使用に並行してトレーニングが必要であり、
      患者様と保護者の方の協力が必要
  3. 03
    部分矯正

    前歯の歯並びだけを整える、部分的な矯正治療です。透明なマウスピース型の装置を使うため、外から見ても矯正中だとほとんど気が付かれません。奥歯を動かさないため、治療が短期間で終えられます。

    対象
    年齢
    成人
    (永久歯が生え揃った方)

    メリット

    • 歯列の気になる部分だけを短時間で整えられる
    • 全額矯正に比べて低コストで治療が可能

    デメリット

    • 対応可能な症例が限られる
    • 噛み合わせの治療はできない
  4. 04
    ブラケット矯正(通常矯正)

    歯の表面にブラケットとワイヤーを取り付けて歯を動かす、矯正治療としては最もメジャーな方法です。当院のブラケット矯正では、透明で目立ちにくいクリアブラケットと、摩擦抵抗が低くスムーズに歯の移動ができるセルフライゲーションブラケットの2種類を用意しています。

    対象
    年齢
    成人
    (永久歯が生え揃った方)

    メリット

    • 外科処置が必要な不正咬合を含む、ほぼ全ての症例に対応可能
    • 汎用性が高く、他の装置との併用性も高い

    デメリット

    • 治療中は歯に違和感がある
    • 外から見て装置が少し目立つ
  5. 05
    裏側矯正
    (リンガルブラケット矯正)

    歯の裏側にワイヤー装置を取り付けて、歯並びを整えていく方法です。装置が外からほぼ見えないため、接客業や営業職など、審美性が重要視される職業の方に選ばれる傾向があります。

    対象
    年齢
    成人
    (永久歯が生え揃った方)

    メリット

    • 装置が目立ちにくく、審美性を損なわずに矯正が可能
    • 矯正中の虫歯リスクが低い
    • 前歯の出っ張りを引き込みやすい

    デメリット

    • 歯の表に付ける装置より、
      適用症例が制限される
    • 装置が舌に触る感覚が
      気になる
    • 装置を付けたばかりの時期は、発音がしにくい
    • 歯磨きが難しい
  6. 06
    マウスピース矯正
    (インビザライン)

    マウスピース型の装置を定期的に付け替えて、歯を動かしていく矯正方法です。マウスピースは透明な樹脂製で目立ちにくく、装着時の違和感の少ない治療が可能です。

    対象
    年齢
    成人
    (永久歯が生え揃った方)

    メリット

    • 装置が目立ちにくく、
      審美性を損なわない
    • 矯正中の違和感が少ない
    • マウスピースは取り外せるため、
      歯磨きや食事がしやすい

    デメリット

    • 対応症例の範囲に限りがあり、
      マウスピース矯正だけでは対応できないケースがある
    • 歯の動きの微細なコントロールが難しい

    ※治療で使用するマウスピースは、国内において薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)未承認の矯正装置であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となることがあります。
    ※「インビザライン」は米国アライン・テクノロジー社製品の商標です。当院ではアライン・テクノロジー・ジャパン社から製品の供給を受けています。
    ※インビザラインで利用するマウスピースの材料については、日本の薬事認証を得たものを使用しています。
    ※2020年10月時点では、世界100か国以上で、900万人を超える患者様が治療を受けています。

当院のマウスピース矯正では、インビザライン・システムを採用しています

マウスピース矯正は、対応できない症例が多いと言われていました。しかし、近年では技術の進歩によって、開発当初とは比べ物にならないほど様々な不正咬合に対応できるようになっています。その中でも、より幅広い症例へ柔軟に対応できるマウスピース矯正システムとして、当院では米国アライン・テクノロジー社によって開発された「インビザライン・システム」を採用しています。

インビザラインは世界100カ国以上のシェアを誇り、900万人以上の症例データを持つことから、安全性と確実性の高い矯正治療が可能です。透明な樹脂で薄くて軽いマウスピース装置を作製することにより、他の装置に比べて装着時の違和感や痛みが少なく、審美性も損ないません。

また、患者様の自身でマウスピースを取り外せるため、食事中に食べかすが隙間に入り込んだり、歯磨きの邪魔になったりすることがなく、お口の中を清潔に保てます。激しいスポーツをする前や、重要なイベントの際にも取り外しておくと、口元を気にせずにお楽しみ頂けます。

子どもの矯正治療について

Ⅰ期治療

Ⅰ期矯正は、身体が成長する力を利用して顎の骨の形を整えることで、永久歯がきれいに並ぶのに十分なスペースを確保するために行われます。乳歯が永久歯に生え変わる6歳から12歳までにしか対応できない、特殊な矯正治療です。Ⅰ期治療で主に使用されるのは、床矯正装置や筋機能装置(MFT)です。顎顔面の成長発育に作用することから、口腔環境の改善だけでなく、お顔のバランスを整えることや、副鼻腔・鼻腔を成長させることにも繋がります。

一見矯正とは関係がなさそうな副鼻腔や鼻腔ですが、未発達のまま成長すると口呼吸になる可能性が高く、扁桃腺の肥大や急性・慢性の鼻炎、アレルギー性鼻炎を引き起こしかねません。お子様が風邪をひきやすいのは、口呼吸が原因である場合も少なくないのです。 また、顎がしっかりと成長していれば、将来的に矯正治療が必要になった場合にも、非抜歯で歯を動かせる可能性が高くなります。成人矯正の期間を短縮し、費用も抑えられるなど、様々な面からお子様の将来に役立つのが、Ⅰ期治療の特徴です。

Ⅱ期治療

Ⅱ期治療は本格矯正や成人矯正とも呼ばれており、乳歯が全て抜けて永久歯へと完全に生え変わった、永久歯列期に行われます。ブラケット矯正やマウスピース矯正、裏側矯正等の装置をメインに使用しており、お子様の口腔状態や生活スタイルに合わせて選択していく形です。
例えば、ラグビーやボクシング等の激しい運動をしている方は、固定式のブラケット矯正や裏側矯正の場合、装置によって口が切れたり、装置自体が破損したりするリスクがあります。そのようなケースでは、取り外しが自由なマウスピース矯正がお勧めです。

なお、Ⅰ期治療では口腔環境の変化が激しく、歯を予定通りに動かせないこともやむを得ない部分があります。しかし、Ⅱ期治療は顎の骨が固まってきている段階で行われるため、イメージした通りに歯を動かしやすく、歯並び・噛み合わせ・見た目の美しさ等を、総合的に整えることが可能です。